自己紹介文

かつては8ミリ映画なんて撮ってまして
そっちの道も考えてたのですが踏み込む勇気もなく、
ダラダラと勤め人しているうちに
やっぱりそっちのほうに未練があって
シナリオの教室通ったりしてるうちに
今のカミさんと知り合い、結婚し子供を2人作り、
おいおい、創作活動はどうしたと今更ながら奮起しなおし
まずはブログで筆ならしといった感じです。

-その他私についていろいろ-
・双子だ。
・ラーメン昔は年間数百食食べ歩き。
 今は控えてるが、禁断症状がたまに出る。
・大学時代の仲間とバンド活動継続中。
 1ヶ月に1回のスタジオより、
 その後の反省会がメインか
 ちなみに私はボーカル。
・濃いめの顔。時代遅れの顔と言われる。
 余計なお世話だ。
・好きな作家:カート・ヴォネガット

「甘辛人生教室」というタイトルについて。
元ネタは小津安二郎の映画「お茶漬の味」。
夫婦の機微を見事に捉えた傑作ですが、
この作品の中で、笠智衆演がやってるパチンコ屋の名前。
パチンコ屋に「甘辛人生教室」って・・・。
小津さんって、こういうネーミングから看板のデザインまで
自分で考えてたらしい。さすがです。
ぐだぐだした駄文から垣間見える
人生のあれこれをを感じてください。