2006年10月15日 (日)

岩井俊二と「笑い」への執念

最近はラーメンの話ばかりだな。
久しぶりに映画の話を。
「花とアリス」
前から見よう見ようと思ってはいたのだが、
思い立ったときはいつも借りられていて、先日やっと借りられた。
岩井俊二、根強い人気あり。

で、岩井俊二の作品を見ていつも思うことなのだが、
瑞々しさを瑞々しいままに切り取る、という点ににおいては、
とても素晴らしいと思うのであるが、
どうにも気になるのが、彼の「笑い」関するセンスの微妙さ。
微妙というか、欠落してる。
欠落してるんだけど、やりたがる。
そこが、微妙を生んでるわけだな。

「スワロウテイル」における自動販売機のくだりとか、
「リリィ・シュシュ」の風呂場のシーンとか、
ベタでしかもキツい。

で、今回の「笑い」は、手塚に藤子。
なんか、今回は岩井俊二の「笑い」に対する執念のようなものを感じた。
自分だって笑いはとれるんだ、見てろぉぉぉっ!!
ムキになってる。
まぁ、彼にしてはよく頑張った方だと思う。今回のやり方。
でも、このへんが限度だな。
元々欠落してるし。

人間、贅沢なものだと思う。
ある部分に優れた才能を有するものが、
それに満足すればいいのに、
自分にはないものを追い求めようとする。
もちろん、現状に満足しない向上心が優れた作品を生む原動力となる、
それは分かるのだが、それは分かるのだけど。

誰も岩井俊二に「笑い」なんて求めちゃいない。
だけど、彼はなおも「笑い」を追求し続けるだろう。
コメディー映画を作ってしまうかもしれない。
やりかねない。
これは相当キツいと思う。
誰か、諫めてほしい。

ところで、かつて岩井俊二の助監督を務めていて、
彼の弟子ともいえる行定勲の「笑い」も、岩井俊二のそれに似ている。
「世界の中心で、愛をさけぶ」において、それは顕著だ。
元々似てたのか、寄り添ってるうちに似てしまったのか。
よく分からんが、やっぱりキツい。

人気blogランキングへ一票を!

花とアリス 通常版 DVD 花とアリス 通常版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2004/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション DVD 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2004/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (29)

2006年9月10日 (日)

「茶の味」

TSUTAYAの半額キャンペーン、
借りてきたのは「茶の味」。
今週仕事が忙しくて、なかなか見る時間作れず。
金曜日の22時過ぎからやっと視聴開始。

うーん。
部分的には楽しめる箇所がないわけではなかったが、
基本、ダレダレ。
のどかな田園の雰囲気を出したいのだろうな、
それは分かるのだけど、
どんな理由であろうと、ダレた映画はいかんぞ。
なんか、小津あたりの路線を曲解しているような。
彼の作品の、ゆるいようでその深淵に潜む緊張感を見過ごしているか。
浅野忠信と中島朋子が会話しているところで、夫婦そろって落ちた。
今までそこそこの数の映画見てきて、
途中で寝た映画も数知れずだが、
夫婦ともに同じ箇所で落ちたのは初めての体験。
そのシーンが終わったところで、またなぜか
夫婦そろって息を吹き返し、顔を見合わせながら、
「今日はここでやめとこうか・・・」

翌日。残りを見る。
前半よりは話に動きがあったので、
眠りはしなかったが、最後までダレダレは変わらず。

この監督、昔からの悪い癖なんだけど、
場面を転換することで、単なる場面転換しかしないことがある。
何だよそれ、禅問答かとお叱りを受けそうだが、
何を言いたいかというと、
場面転換とは、話を前に進めるために行うもので、
一つのシーンにこれだけ時間かけたから、
こっちを出しておこうか、といって換えるもんじゃない。

「PARTY7」でも、
2つの場面が延々とかわりばんこに出てくるだけの箇所があって、
ひたすらイライラしたのを覚えているぞ。

それと、映画にいろいろ盛り込もうとしすぎ。
シンプルな、1個のストーリーに気合い入れろよ。
それができないからオマケに逃げてるんだろうが。
インチキは長くは続かないぜ。

人気blogランキングへ一票を!

茶の味 グッドテイスト・エディション DVD 茶の味 グッドテイスト・エディション

販売元:レントラックジャパン
発売日:2005/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (7)

2006年3月12日 (日)

「時効警察」最終回

私の心の愛人(妻公認)である、麻生久美子が出演の番組

「時効警察」が金曜日で最終回を迎えました。

ラス前のケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本は、「破壊力」という点では

作品中No.1ではなかったかと。

キャラの立て方が秀逸でした。

言葉の遊びが、やっぱり演劇方面の人です。またぞろけむたり。

最終回は初回と同じく三木聡脚本で、空気感じてなんボの世界。

ダイイングメッセージのために真犯人に操作が及ばなかった、というスジは

ちょっと無理ありすぎです。

作品中、本当に時効になりそうだった事件は皆無です。

でも、まあいいです。

私自身、実は犯人は○○でした、ほら意外でしょ、なんて話見せられても

だからどうしたと感じるタイプだし、それよりも

非日常の特異な空気で包み込んでくれるような作品が好きなので、

このような企画は歓迎しているし、今後も増えてはほしいと思う。

ただ、特異な空気があればそれでよいというわけではないです。

勘違いした人が、もれなく似て非なる作品を作りがち。

空気を乗せる土台はある程度しっかりしてないとね。

でないと「濱マイク」の二の舞なわけですよ。

あ、結局前回と同じことを書いてしまった。

でも、強く訴えたいです。

ホンを知らない”クリエイター”は消えろ、と。

人気blogランキングへ一票を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

2005年を代表する日本映画とは

■「ALWAYS 三丁目の夕日」が12冠

日本アカデミー賞の結果は、そういうことだそうです。

そういうことで、日本映画の歴史に1ページが加わるのだそうです。

2005年の映画は?と問われれば、この映画になるのだそうです。

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ?

いや、まだ見てないですし、どうこう言えないんですけどね、本当は。

で、別に悪い印象があるわけでもないんですけどね。

この監督、けっこうよくがんばってると思うし。

でも、なんか違和感を覚えるのは私だけですか?

でも、他にこれという映画もないのか・・・。

ま、いいか。

もともとこの賞に価値など感じていないし。

そういえば昔、このアカデミー賞の進行台本を見たことがある。

当時の司会の武田鉄矢が喋るギャグのたぐいまで

しっかり書いてあって、極寒の世界でした。

今も、見るだけで恥ずかしくなってくる。

基本的に、日本人に向いていないイベントだな。

人気blogランキングへ一票を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

ミリオンダラー・ベイビー

ウチの3歳になる娘が、物凄く感動したときっていうのは、

直後にあまりリアクションがないんです。なんか、固まってる。

誕生日に部屋を飾り付けて、ケーキも用意して、ってときに

そんな感じでした。最初は、あまり嬉しくないのかな?と思ったのですが、

その後、何かというと、今度は誰の誕生日?って聞いてくる。

実は、物凄く嬉しかったらしいんです。

ディズニーランドやピューロランドでショーを見た直後も、固まってます。

で、しばらくして、ビデオ借りてきて、と頼みまくる。

結局、物凄く感動したときって、その感動の度合いを

どんなふうに表現したらいいかよく分からなくて、

何もできずに固まってしまうのでしょうね。

さて、『ミリオンダラー・ベイビー』を見ました。

しばらく、固まりました。

どんなに色々な言葉を積み重ねても、私の感動を

上手に表現することはできないな、と思います。

生きることのやるせなさ。

一言、それだけ。

素晴らしい映画だと思いますが、ボクシングの話ということで

『ロッキー』のような方向の感動を期待すると、痛い目に遭います。

ミリオンダラー・ベイビー DVD ミリオンダラー・ベイビー

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

時効警察言いたいことはままあるが

私の心の愛人(妻公認)である麻生久美子が出ているわけですから、

見ないわけにはいかない、「時効警察」。

しかしながら、麻生久美子出演作=駄作の宝庫

という式もなりたつわけで、スタッフを見るにつけ、

これは紙一重な感じだろうな、「濱マイク」の二の舞はごめんだよ

とあれこれ危惧しながら見始めたわけですが、

今のところは見続けられています。微妙な表現ですが。

三木聡作の1・2回目は、ゆるゆるの空気の作り方は

人によっては嵌りすぎるほどに嵌るだろうな、とは思うのですが、

私としては嫌いではないけど1時間それだけはなぁ、

というのが正直なところ。もう少し推理物としての体を為していて欲しい。

真相に至るまでの事実や推測の積み重ね、行きつ戻りつの展開を、

もう少ししっかりやっておいた上で、あの空気を乗せて欲しいかな、と。

でも、それは難しいんでしょうかね。

実際、5回目は今までのなかでは一番しっかりした作りだったのですが、

あの空気はかなり薄め。作者が違うからなのか、

そもそも、推理とゆるゆるの相性がはなから合わないのか。

ちょうどよい落とし所はあると思うんですけどね。

園子温の4回目は、「俺は映像のことを知ってるからこそわざとこう撮るんだぜ」

と言わんばかりの不自然なカメラワーク。非常に不愉快です。

でも、ストーリー自体はまともだったので安心しました。

かつて劇場で見た彼の映画は、私の中の「金返せ!」ランキングでは、

かなり上位に入るクズ映画でした。あまりにクズなので、名前も出しません。

それと比べればカメラワークの不愉快さなど、可愛いもんです。

まぁ、こんなことブツブツ言いながら、見続けてしまうのでしょうね。

あと、麻生久美子のキャピキャピ。微妙です。

他のブログで、あのキャピキャピのことで悪口書かれてたりすると、

哀しくなります。代わりに言い訳したくなります。

人気blogランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

原作と同じであること

「姑獲鳥の夏」を見ました。

視聴者の興味というのは、「あの京極堂の世界を本当に再現できているのか」

ということだと思いますが、ちゃんと出来ていました。

小説だから可能と思われた箇所(事件が発生したの部屋の描写)なども、

うまくごまかせていましたね。

10分くらいしたところで京極堂の長講釈が始まって、

うわっ、この調子が続くときついなぁ、と思ったのですが、

その後はそれほどうわっ、な感じはなく、見続けることができました。

ストーリーはほぼ忠実に原作をなぞっていると思うのですが、

多重人格の話って、原作に出てきましたっけ?

今さら原作を読み直す気力もなく、疑問は消えぬままです。

さて、見終わった後で妻と話したのですが、

最近の原作モノの映画って、原作の世界に忠実だなぁ、と。

かつて私がシナリオの学校で学んでいた頃は、講師はことごとく、

原作モノでも独自のカラーを入れろ、と言ってたものでして、

実際、ある時期の映画は原作を超越したトンデモ映画オンパレードでした。

今でも記憶に残っているのは、「スローなブギにしてくれ」ですかね。

いきなりオープニングにドバッと赤字のタイトル。

特に「ブギ」の部分は血のほとばしるようなタッチで、

まるでヤクザ映画です。

この時点ですでにかなり遠くのほうへ逝ってしまいました。

中身も、若者よりも山崎努ばかり目立つオヤジ映画でした。

まあ、この映画の場合は、全く別の話として多少は楽しめましたが、

結局は原作のファンからも、その他映画ファンからも総スカンを喰らう

失敗作、というケースが非常に多かったのではないでしょうか。

それが、最近は原作の空気を非常に上手く再現しているように思えます。

ただ、小説はともかく、マンガの原作そっくりという映画はいかがなものか。

「ピンポン」などは、映画として作る意味あったのか、未だに疑問です。

実際に見たい人も多くて客も入ったのだから文句ないんでしょうけど。

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション DVD 姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スローなブギにしてくれ DVD スローなブギにしてくれ

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2001/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火)

深田恭子とアスリート

昨日のニュースなんですが、未だに破壊力十分です。

■深キョン「赤い衝撃」前代未聞の企画変更

  当初は銃弾で競技生活を絶たれた陸上選手の物語で、
  30年前に山口百恵さんが演じたドラマのリメークだったが、
  深田のイメージが「陸上アスリートに見えない」
  「昭和ではなく現代テイストに合った女優」(ホリプロ)などの理由で断念。

以前、韓国との合作ドラマで、走っている深キョンを見ました。

走っているというより、四股を踏んでいる感じでした。

韓国の地面が心配になりました。

確かに、アスリートは無茶。とはいえ、

  深田は元殺人犯の青年と恋に落ちるフィギュアスケート選手を演じる。

これもかなり無理がありそうです。

氷が割れないか気になって、ドラマに集中できません。

ところで深キョンといえば、数年前の深夜に

篠原ともえとラーメン屋巡りするという妙な企画の番組をやってました。

番組中で、当時は恵比寿にあった(現在は戸越銀座)、

「えにし」のあっさり系しょうゆラーメンを食した深キョン、

ひとこと、「こんなの、全然ラーメンじゃない!」

何を言っているのか分かりません。

これぞラーメン、という姿と味をしたラーメンではないですか。

シノラー唖然、スタッフの苦笑もマイクを通して聞こえてきました。

しかし、その後の深キョンの説明で、朧気ながら彼女の主張が掴めてきました。

ようするに、彼女にとっての「ラーメン」とはこってりこてこてのトンコツ味であり、

あっさりしょうゆ味なんて、そもそも彼女の脳内辞書の

「ラーメン」の項には書かれていないのです。

あんなの、ラーメンじゃないのです。

こってりトンコツが大好き、という人は数多いでしょうが、

あっさりをここまで否定する人も珍しい。九州出身ならともかく。

念のため公式サイトでプロフィール確認。「出身地:東京都」でした。

そんな嗜好ですから、アスリートの似合わない体型になるのも当然です。

今後、どこまで巨大化するのでしょう。目が離せません。

ある意味、彼女の魅力にはまってます。

人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

芸能ニュース「へぇー」な話

■「Vシネマの帝王」竹内力が離婚

いや、このニュース自体は別にどうってことないんですが、

注目したのは、竹内力に関する解説。

  92年にスタートしたビデオ映画シリーズ
  「難波金融伝ミナミの帝王」はこれまでに56作を数え

ご、56作ですか?

これでもか、と作っていることは知ってましたが、

まさかそこまでやってるとは。知りませんでした。

  竹内はロケで家を空けることが多く、
  すれ違いの生活が夫婦仲に亀裂を生じさせた。

そりゃそうだと思います。56作ですから。



■市川監督&石坂で30年ぶり「犬神家-」

同じ監督と俳優でリメイク。意味が分かりません。

あの映画は、監督・キャストの脂の乗り具合と、

「角川映画」の勢いというものが、奇跡的に咬み合わさった

とても幸運な映画なのです。

お金出す人も、ちゃんと考えてください。

90歳のボケ老人より、若手起用してください。

日本映画の将来のために。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月23日 (月)

がんばったごほうびということで

「真夜中の弥次さん喜多さん」を見る。

やりたかったのは分かる。

こんなこと映像にしてみたらどうだろう。

そして、それをやれる機会が訪れた。

そりゃやるよな。

そしたら、思ったほど面白くなかっただけだ。

妻のコメント
「クドカンの脚色って、どれも原作の匂いがちゃんとするところが凄い」

なるほど、確かに凄い。そこは評価する。

そして、我が心の愛人(妻公認)、麻生久美子嬢が登場。

今回はそこそこ美人でした。

彼女、たまに凄いブス。「贅沢な骨」とか。

そこが逆に魅力なのか。何だその逆って。

それはおいといて、この作品というのは

たまにバラエティ番組で「勝者には一夜限りの冠番組」

みたいな企画があって、それで深夜に好き勝手やるという、

そんな感じに似ているような気がします。

ごほうびです。クドカンへの。ヒット連発ご苦労様ってなわけで。

もう満足ですか。

それじゃ、次の仕事よろしく。

真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション DVD 真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する




人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)